JCAメンバー紹介
(#681〜#700)

#683 JH4CIJ 和田千草  

1973年鳥取県米子市で開局
1977年島根県飯石郡三刀屋町にQSY
1988年3回目の更新時にCallを流してしまい
1992年末にJK4UUAで開局〜2004年10月下旬迄
2004年10月下旬よりJH4CIJの復活Callで開局
2004年11月1日より平成の大合併の新市誕生により
「雲南市」よりQRV現在にいたっております。

(平成18年4月更新)

#685 JJ3TTH 宮本忠明  

開局25年目を迎え、節目としてJCAに挑戦しています。これまでいろいろなアワードに挑戦してきましたが、本アワードは、おそらく一生かけても完成できないアワードと考え、それだけにやりがいがあるのではと思っています。
この度、ようやくカードの整理ができ申請することができ、#685を頂きました。
DX・国内を問わず、オールモード・オールバンドと幅広くQRVし、末永く楽しみながら頑張りたいと考えています。

(平成18年7月更新)

#688 JF7VVL 久保辰哉  

開局20周年を迎えて、何か記念に残るものをということでこのアワードを申請させていただきました。
みなさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(平成18年9月更新)

#690 JHφQYS 河合文彦  

ようやく、遅ればせながら「JCAメンバー」の仲間入りをさせて頂きました。
どうぞよろしくお願いいたします。
アマチュア無線局が年々減少する中、「JCA」は、アマチュア無線を活性化する画期的でFBなアワードだと思っております。
サフィックスA〜ZZZの18278局との交信を目指して、より多くの方と各バンド・各モードでお相手いただければと思っておりますので、皆様よろしくお願いいたします!

(平成18年9月更新)

#692 JF6OID 庄司政行  

開局して24年になりますが、今アワードを集めるおもしろさをわかり、いろんなアワードに挑戦しています
JCAは多くの局と交信しなければ、達成できないので息長く挑戦したいと思います。
私はJapan Island Awardのマネージャーをしておりますので、申請をお待ちしております。

(平成18年9月更新)

#694 JI7FBM 菊池一也  

この度、念願だったJCAを取得することが出来ました。
高校時代よりアマチュア無線を始め、今年で開局18年。
飽きずに継続している1つがアワードハントです。
3000ポイントを超えましたので、申請致しました。
数々のアワードを収集していますが、何よりも申請無料という点が素晴らしいですね。
当面の目標は、ブロンズメンバーですが、あせらずゆっくりと楽しみたいと思います。

(平成18年9月更新)

#695 JH7DHL 野地与幸  

申請してから3ヶ月間待って、ようやくこれが手許に届き ました。
もともとアワードには、あまり興味を持ってはいなかった のですが、JCAと出会った時には、その洗練されたデザ インに一目惚れしてしまいました。
このJCAを実際に手にしてみて感じたことは、ステッカ ーが増えて行くにつれ、その姿を更に成長させながら完成 に向かって行くよう、うまくデザインされているというこ とです。
有名なアワードの中には、ステッカーが増えれば増える程、 逆に無残な姿になってしまうものも少なくないように思い ます。
JCAにおいて、ステッカーは基本アワードをより素敵に するもの"素敵er"だと解釈し、コツコツと地道に、そして 自分自身も素敵な曲者になれるよう、JCAとともに頑張 っていきたいと思います。 。

(平成18年8月更新)

#698 JK1IUL 窪 裕市  

高校時代に開局、当時は50MHz AMで、夢中になって交信をしていました。
就職・結婚と月日が過ぎ、交信の楽しみも忘れがちになってしまい電波の出る日も少なく、閉局寸前の所で復活しました。
アワードのおかげでマイクを握る日も増えてきました。永く付き合えるJCAを知ってからは毎日お空に出ています。
私のコールが聞こえていたら、是非お声をかけて下さい。

(平成18年10月更新)

#700 JA1NBO 櫻井義政  

アワードを頂いて驚いたのは大変人気があって当局が700人目でした。(#700でラッキー)
JCAの規約を知ったのが遅かったが何とか3000ポイント頂きました。QSLを交換していただきました全国の局長さまに御礼申し上げます。
このように大勢の局がチャレンジしているJCAの魅力は、独特のアワードで、ルールが簡単で分り易く、周波数、電波形式を問わないこと、随時ポイントアップができることだと思います。また、パソコンで管理、申請できること、そしてポイントランキングがいつでも見える等でアワード界を代表する素晴らしいアワードを作られたJAIAのスタッフ皆様に感謝申し上げます。
ハムを末永く愛するための重要な支えとなる傑作なアワードですので、細く永くチャレンジしたいと思いますので皆さんよろしくお願いいたします。

(平成18年10月更新)