事務局からのお知らせ

 

規約の一部改定について(訂正) 2007/4/27
ディスク申請の方へA 2007/4/1

eQSLの取り扱いについて 2002/12/11

JCAクラブミーティングのお知らせ 2001/8/10

JCAランキングについて 1998/1/20

メンバー紹介ページについて 1998/1/20

ディスク申請の方へ 1999/7/14
     

 


規約の一部改定について(訂正)

JCA(JAIAクラブアワード)規約の一部を改訂し、2007年4月よりJCA5000〜JCA15000のQSL審査を廃止します。

・JCA18200(パーフェクト) JCA18278(全局)につきましては従前どおりとします。


ディスク申請の方へA

対応メディアを追加/変更しました。
2007年4月現在対応メディア・・・FD(DOS/Vフォーマットのみ) MO(〜1.3GB)  USBメモリ(Aタイプ/オスのみ) コンパクトフラッシュ マイクロドライブ メモリースティック(Duo/PRO/PRO Duoを含む) SDメモリーカード miniSD マルチメディアカード スマートメディア CD−R/RW DVD−R/RW

・microSDの場合は、SDまたはminiSDへの変換アダプタを同梱願います。
ZIPディスクにつきましては取り扱いを終了させていただきます。

※ メディアの容量・状態・輸送状況等によっては読み出しができないことがあります。


eQSLの取り扱いについて

JCA(JAIAクラブアワード)規約の一部を改訂し、交信年月日が1997年7月15日以降のeQSLをJCAに有効とします。
但し、
QSL審査(JCA5000、JCA10000等)の際には、プリントアウトの提出を要します
・データで保存されている方は、トラブルに備えバックアップを作成されるようお勧めします。

なお、eQSLを申請の一部または全部に使用したJCAの新規申請/追加申請につきましては、2003年1月からの受付とさせて頂きます。
2002年中に届いた申請書につきましては審査せず返送いたしますのでご了承下さい。

eQSLを使用した申請書(QSLリスト)の書き方について

コールサインのあとに「−e」を付け加えて下さい。
(例1)YUAのサフィックスにJA3YUAのeQSLを使用する場合: 「JA3YUA−e」と記入する。
(例2)ZIEのサフィックスにJK1ZIE/JD1のeQSLを使用する場合: 「JK1ZIE/JD1−e」と記入する。
・データ申請(FD申請)の場合も同様とします。


JCAクラブミーティングのお知らせ

ハムフェア2001初日の平成13年8月31日(金)に、JCAメンバーの親睦を目的としたクラブミーティングを行います。奮ってご参加ください。

日時:平成13年8月31日(金) 午後3時30分〜5時
場所:ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテル 1階 「オーシャンテラス」 (パシフィコ横浜隣)
会費:1,000円/1名(当日いただきます)
申込:ハガキ、FAX、または電子メールに、コールサイン及び連絡先を明記してお申し込みください
締切:8月27日(必着)
宛先:JAIA事務局 JCA係
170-0002 東京都豊島区巣鴨1-10-5 第二川端ビル2階
FAX:03(3946)1186


JCAランキングについて

ランキングリストでの順位付けは、発行JCA数(Credited Points)を優先し、発行JCA数が同じ場合は、申請ポイント数(Applied Points)で順位付けしています。さらに、申請ポイント数も同じの場合は、申請年月日の早さで順位付けしています。
<JCAランキング順位付け優先順位>
1、発行JCA数(Credited Points)
2、申請ポイント数(Applied Points)自己申告可能
3、申請年月日

自己申告も受け付けます<JCAメンバー(JCA1000受賞者)のみ>
申請ポイント数は、基本的にJCA申請時の実際のポイントを採用していますが、自己申告も受け付けます。「申請はもう1ステップか2ステップ上に到達してから行う予定であるが、現在の獲得ポイント数だけ申告しておきたい」といった場合、自己申告ポイント数をご連絡下さい。
たとえば、JCAは2000までしか受賞していない場合で、現在QSLカードは3200ポイント集まっている、しかし、JCAの申請は4000に到達したら行う予定の場合、3200を申告いただければ、申請ポイント(Applied Points)を3200と認め、「発行JCA数/申請ポイント数 = 2000/3200」で順位付けいたします。

自己申告の方法
自己申告は、ハガキに申告ポイントを記入し「JCA自己申告」と明記の上、「JAIA事務局アワード係」までご送付下さい。
<注意>
事務局での管理の都合上、お手数をおかけいたしますが、自己申告は必ずハガキでお願いします。電話での連絡は、書面に残らない(いたずら防止等)ため、受付いたしません。また、JCAメンバー以外(JCA1000を受賞していない方)からの申告も受け付いたしません。


メンバー紹介ページについて

JCAメンバー紹介ページは、サーバーの容量が許す限り継続(若い番号の方も継続して残す意味)し、できる限り多くのメンバーを紹介する計画です。その際、1年後、2年後には、お写真/QSLカードやコメントが古くなってしまい、不具合が生じる可能性もあります。
そこで、随時お写真/QSLカードやコメントの変更希望を承ります。変更希望のメンバーは新しい素材(写真/QSL/コメント)を事務局までご送付下さい。

素材送付の方法
コールサインを明記の上、変更を希望する素材を「JAIA事務局アワード係」までご送付下さい。
写真/QSLカード/コメントのデジタルデータ(文字データ)での送付も歓迎いたします。

<注意>
− 更新は随時いたしますが、素材をご送付いただきましてから実際の更新完了まで、多少お時間をいただくことがありますのであらかじめご承知おきください。
− 返却希望の素材は、その旨明記いただけますようお願いいたします。
− 写真ならびにQSLカードのデジタルデータは、雑誌等への発表/掲載に使用させていただくこともあるため、なるべく高解像度のものをご送付いただけますようお願いいたします。
− データをご送付いただく場合、使用メディアは、DOS/Vフォーマットの3.5インチFDか、MO(128または230MB)またはZIP(100MB)でお願いいたします。なお、FDをご使用の場合で、そのFDを返却希望の場合は、その旨明記お願いいたします。(MO、ZIPの場合は返却を原則とさせていだきます。)


ディスク申請の方へ

最近、郵送途中でフロッピーディスク(FD)のシャッター部が破損する事故が増加してきました。最悪の場合、事務局でディスク内のデータの読み出しができず、返送させていただかなければいけません。今後、FDによる新規/追加申請される方は、できる限り金属製のシャッターが付いたFDを使用していただけますよう、よろしくお願いいたします。やむなく、プラスチック製のシャッターが付いたFDで申請される場合は、保護対策を施してご送付いただければ幸いです。なお、FDをプラスチック製ケースに入れてご送付いただくと、重量が増すことから、手荒な扱いを受けた場合、封筒が破れて中身のケース入りFDが紛失する恐れがあります。また、郵便料金も高くなりますので、FDは厚紙等で挟んでご送付いただくようお願いいたします。

今までのFD、MOに加え、ZIP(100MBディスクに限る)での受付も可能になりました。MO、ZIPですと、FDのように圧縮の手間がなくFBですので、MOまたはZIPドライブをお持ちの方は是非ご利用ください。なお、FD、MO、ZIPともDOS/Vフォーマットでお願いします。

ログシート作成用ソフトご使用時の注意事項
JCA申請用ログシートを作成するソフトのうち、マクロを使用しているソフトをご使用の方は、提出用のログシートにマクロが含まれていないことを確認の上ご提出ください。事務局では作成用ソフトで作成されたログシートでも、所定のログシートと同一形式であれば受付をいたしますが、マクロが含まれているものについては、ウイルス感染防止のため審査をせずにお返ししますのでご了承ください。なお、JCA申請用ログシート作成ソフトの使用法等については、作者の方へお問い合わせください。

ウイルス情報
マクロウイルス(XM.Laroux.A)が、ディスク申請のログファイルから見つかっています。事務局でもウイルス対策ソフトを導入しておりますが、続々と新種のウイルスが報告されている現在、100%の安全はあり得ません。十分ご注意ください。

エクセル2000について
ディスク申請用ログシートはエクセル2000でも使用できます。最初に保存する際、ファイル(ログシート)が旧バージョン(エクセル97)で作成されたことを示すダイアログが表示されますが、そのまま保存してください。